応援ありがとうございます!支援時間6,000時間を突破致しました!!

咲くらプロジェクト運営事務局です。

いつも応援、ありがとうございます!

皆様の熱いご支援のおかげで、ご支援頂いた講座時間が、

6,000時間を突破致しました!!

*2017年7月1日現在

6000時間突破画像

咲くらプロジェクトは、様々な形で皆様からご支援頂いている支援金を元に、

フィリピンマニラ・オロンガポの2都市のスタジオにて、

貧困層の方々に、日本の美容・リラクゼーション技術を無償で教えています。

2015年から発足し、卒業生は100名を超えました!

また、今年4月、当プロジェクトが開催している

「セラピスト養成講座」が、フィリピン政府機関であるTESDAに認定。

これにより、咲くらプロジェクトの卒業生は、フィリピンの国家資格である

「NC II for Swedish massage」の受験権利が得られるようになりました。

tesda

フィリピンの貧困層の方々は、1日数ドル足らずの収入で、生活を送っています。

義務教育期間の子供たちも、大切な働き手として仕事を持ち、大人と混じって働いてくことが珍しくありません。幼い頃からの労働には、様々な弊害があります。

子供ゆえ、低賃金で雇われ、大人からの不条理な暴力に合う危険も高くなります。

このような労働条件の中で働くことで、不当な扱いを受け、

心理的に大きなトラウマを持つ子供たちもいます。

学業に専念できず、また経済的な理由から、

小学校中退が32%、中学校中退50%と言われるフィリピン。

人口増加が続くフィリピンでは、労働力が余っている為、

この貧困のスパイラルから、貧困層の方々が抜け出すことが、非常に厳しい状況が続いています。

DSCN2236

写真:支援先、フィリピンオロンガポ市の様子

私たち、咲くらプロジェクトは、

日本の素晴らしい美容・リラクゼーション技術、ホスピタリティの知識を提供することで、

フィリピンの貧困層の方々が、セラピスト技術を身に付け、

この厳しい貧困状態から脱却し、豊かな暮らしが送れるよう、支援を行っています。

すでに技術を身に付けた数10名の卒業生が「セラピスト」として働き、

見事、地元高級サロンに就業し、セラピストとして活躍している卒業生もいます。

008

写真:オロンガポスタジオ第1期生卒業後、地元サロンにてセラピストとして働くメアリーさん。

私たちはこれからも、より多くの貧困層の方々に美容・リラクゼーション技術を学ぶ講座を開講し、

現地の方々の雇用を創造して参ります。

プロジェクトにご賛同頂いている皆様には、様々なご支援方法を提案しております。

皆様の温かいお気持ちが世界に繋がり、そしてフィリピンの子供たちの希望となります。

ぜひ、皆様の応援、ご協力をお願い申し上げます。

▽取り組み内容▽

https://sakura.rejob.co.jp/activity

2017061マニラ4期生受講風景01

・フィリピン・マニラスタジオ4期生受講風景。「癒しのチカラ」と題して、セラピスト養成講座を開講中。

男性4名、女性18名、合計22名が受講中。研修は毎週火曜日と木曜日、午前9時から午後4時まで、マニラスタジオにて実施。

7月21日の卒業試験に向けて、座学を交えながら技術講習を行って参ります。

タグ: , , , , , , , , ,