2020年5月度 フィリピン活動報告

皆様こんにちは!

咲くらプロジェクト運営事務局です。

日頃よりご支援いただきありがとうございます。

【ご報告】

フィリピンでは、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため 2020 年 3 月 16 日にルソン島全域を対象とした緊急事態宣言が大統領により発表されました。

現在、6 月 1 日時点では、本事業を実施しているマニラ首都圏及びオロンガポの制限が引き下げられ、

GCQ(General Community Quarantine:一般的コミュニティ隔離措置)となっております。
GCQ では、多くの業種で仕事が再開できる状態となりましたが、依然として、マッサージサロンやエステサロン、

理容室や美容院、ネイルサロン等、濃厚接触を伴ってしまう美容業界の営業は禁止されております。
癒しのチカラ卒業生たちは、こうした困難な状況のなか、ホームサービスによるマッサージの仕事をするなどして収入を得て、家計をやりくりしている者もいるとの報告を受けております。

●今後の活動計画について(マニラ首都圏及びオロンガポ)

 現在も引き続きコロナ禍の状況が続いており、癒しのチカラプロジェクトにおいても、予定されていた活動が延期・一時中断となっている状態であります。

新型コロナ感染拡大防止のための制限の引き下げ、制限が解除された後にも、コロナ以前の状態に戻る事は難しいと予想しており、

New Normal(新しい基準のもとでの社会生活)の状態のもとで、「PostCorona(ポストコロナ)」「With Corona(ウィズコロナ)」の考えで、

本事業の活動を実施していかないといけないと考えております。

癒しのチカラトレーニングは、従事者の身体的接触を伴うため、コロナウイルスの感染リスクが高いものとなってしまうと考えており、

また政府も社会的距離間を取れない活動を規制しているため、対面での指導者によるトレーニングの実施は年内の再開が難しいのではないかと見込んでおります。

フィリピン教育省と協働で行っている学校の生徒を対象としたトレーニングも同様に、年内の再開の難しさを感じております。

そこで、今年度の本事業の活動と実施方法を見直し、しばらくはオンラインを使用したトレーニングの実施に活動変更をしたいと考えております。

マッサージの施術に関する知識を全く持たない新規の参加者には、指導者による直接指導ができないオンライン上でのトレーニングは難しいものになってしまうと当団体は考えているため、

これまでの初心者を主な対象としたマッサージの基礎知識と施術方法を教えるトレーニング(Basic Massage Therapy Training)ではなく、

本事業の卒業生を対象とした更に高度な知識と技術を教える上級トレーニング(Advanced Massage Therapy Training)の実施を考えております。

現在は、プロジェクトチームがオンラインでの上級トレーニングの実施に向けて準備を進めております。

また、Basic Massage Therapy Training で使用するカリキュラム、配布資料、ビデオ教材などのアップデートも現在行なっており、

より良いトレーニングを今後の活動で受益者に提供できるように改善を図っております。

【お知らせ】

本プロジェクトのパートナーであるNPO法人アクションさんが、咲くらプロジェクトや、美容師育成のプロジェクトのためフィリピン首都マニラに新しくスタジオを開設しました!

弊社もスタジオ開設に当たり協力をさせていただいています。

コロナの影響でスタジオはまだ利用には至っていないですが

今後状況が落ち着いた際には、新しいプロジェクトや取り組みを広げることを行っていく予定です!

●2020 年 5 月時点での卒業生、就職者の人数


*4月及び 5 月はコロナ禍によりトレーニングが実施できていないため3月までの人数をご報告いたします。

【卒業生数】

マニラ(1 期~19 期):285 名(女 213:男 72)
オロンガポ(1 期~14 期):192 名(女 139:男 53)
オロンガポ(School based 1 期~3 期):47 名(女 30:男 17)

【就職者数】(※2020 年 3 月末現在で把握できている人数)
マニラ(1 期~19 期):58 名(スパへの就職:11 名、フリーランス:47 名)
オロンガポ(1 期~14 期):79 名(スパへの就職:43 名、フリーランス:36 名)
6 月以降も、引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。