フィリピンの業界事情:ネイルの技術について

前回に続きまして、フィリピンの業界事情について今回も

書かせていただきたいと思います。

今回はネイルの技術について、です。

まず、フィリピンは年中温かく、基本的に年中サンダルを履いているとう方も

多いです。よって、ネイルのニーズは非常に高いです。

【マニラ市内】

マニラ市内は各国からの駐在員も多く、商業施設の中には必ずと言っていいほど、

ネイルサロンが入っています。

現地は、ジェルネイルよりもマニキュアを仕様してカラーを楽しむ文化が

根強いようです。(ジェルネイルを取り入れているお店もあります。)

技術力を見てみると、特にアートの部分が日本との差を感じます。

DSCN2266

アートは、アート専用を筆などは使わずにマニキュアの筆でペイントします。

(アートサンプルを指定しても、そのサンプルと同じようには仕上がりませんでした・・・)

フットはハンドのマッサージも込みで、両手・両足をカラー&ケアしていただきました。

それでも約2,100円ほど。

ただ、平均月収が44万5千円(3万7千円/月)(*1)といわれるなかで、2,100円の支出は、とても高価な支出といえるでしょう。

DSCN2264

日本が誇る、高い技術力を世界中に伝えることで、

美しいものに触れ、より心豊かに暮らせる人が増えたり、

技術力を身につけることで、生活水準をひきあげることができる。

そう信じて、咲くらプロジェクトでは、世界中に日本が誇る高い技術力・サービス、ホスピタリティを伝えていきたいと考えています。

ご支援など、こちらよりよろしくお願いします。

▼参加方法

http://sakura.rejob.co.jp/activity

-咲くらプロジェクト運営事務局-

(*1)2013年 フィリピン国家統計局(PSA)より

https://psa.gov.ph/content/filipino-families-poorest-decile-earn-six-thousand-pesos-monthly-average-2012-results-2012

タグ: , , , , , , ,