2019年4月度 フィリピン活動報告

ご支援者の皆様こんにちは!

咲くらプロジェクト運営事務局です!

今月も現地から成果報告いただいておりますのでご報告させていただきます♪

とその前にまたフィリピン小話を一つ。

日本で有名なおこそばとお好み焼きの日系飲食店チェーン「ぼてぢゅう」が

タギッグ市のボニファシオハイストリートの一角にその拠点となる新店舗をオープンするようです!

この新店舗はフィリピン国内の最大12店舗の拠点となる予定で2019年後半までにはさらに多くの出店を見込んでいるようです!

日本企業のフィリピン進出、、、嬉しいニュースですね♪

咲くらプロジェクトも引き続きフィリピンでの活性化に努めていきたいと思っております!!

さてそれでは改めて、4月度のご報告をさせていただきます!!

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

●マニラ(14期生)

ケソン市にあるQuezon City High Schoolで学校と提携する形で行われている14 期生の4月のトレーニングは、3月から引き続き指圧マッサージのトレーニングが行われました。

参加者は実技練習を行い、指圧マッサージの一連の流れ・動きを練習しました。

講師はそれを見ながら、参加者が正しい姿勢でマッサージが出来ているか、一人ずつ確認と指導を行いました。

講師は参加者に、正しい姿勢を保つことはマッサージ中の怪我を防止することを再度伝えました。

4月はトレーニングの回数は少なかったですが、欠席者は比較的少なく参加者も熱心にトレーニングに臨んでいました。

マニラ14期1 マニラ14期2 マニラ14期3

●マニラ(16 期生)

4月の16期生のトレーニングは、スウェディッシュマッサージの実技練習から始まりました。

講師によれば、参加者は自宅でも自主練習をしており、一連の流れも覚えられているとのことです。

2週目からは指圧マッサージのトレーニングが始まりました。

参加者はまず、指圧マッサージの歴史と発展、スウェディッシュマッサージとの違いについて講義を受け、その後ペアを組んでの実技練習に入りました。

指圧マッサージでは指の力がより一層必要となる為、練習の中で難しさを感じる参加者もいたようです。

講師は実技練習の途中で、指圧マッサージのコツ・ポイントを参加者に指導しました。

数名の参加者はその指導により、実技の上達が見られました。

最終週では、フィリピンの伝統的なマッサージであるヒロットについてのトレーニングが行なわれ、参加者はヒロットの起源やその利点、ヒロットの種類とそれぞれの特徴について学びました。

マニラ16期1 マニラ16期2 マニラ16期3

●オロンガポ【Community Based】10期生

4月のトレーニングは講義から始まり、参加者は微生物学と病理学、それらとマッサージの関連性について学びました。

講師は参加者に、マッサージセラピストは様々な感染症や病気についても知識を持っておく必要があると説明しました。

講義の後、講師は参加者に自分のお客様役をやってくれるモデルをそれぞれ探すよう指示し、参加者はお客様役のモデルにコンサルテーション、バイタルサインの測定、全身のスウェディッシュマッサージの一連の動きの実技練習を行いました。

実技練習の合間には口頭試験も行われ、講師は参加者にマッサージの禁忌と適応症について質問しました。

また参加者はペアを組み、どのようにお客様を楽しませたり、気持ちよく受け入れるかのロールプレイも行いました。

その後、参加者は再びスウェディッシュマッサージの実技練習に取り組みました。

講師によれば、参加者のマッサージ技術は上達してきているとの事です。

ただし最終評価に向けては、それぞれさらに練習を重ねるよう伝えました。

オロンガポ10期3 オロンガポ10期2オロンガポ10期1

●オロンガポ【Community Based】11 期生

11 期生のトレーニングは短期集中で行われ、1 ヶ月でオリエンテーションから最終評価までの全てのトレーニングが実施されました。

トレーニングは4月8日の午後から4月29日の午前まで行われ、参加者はまずマッサージの歴史や倫理規定、利点と禁忌、5 つの基本動作、人体解剖学、生理学、血圧、体温、脈拍数、呼吸数、血圧測定器や体温計の部品や取扱いについてなど、講義で一通りの基礎知識を学びました。

その後、お客様へのコンサルテーションインタビュー、バイタルサインの測定、正しいドレーピング方法を実技演習も交え学んだ後、スウェディッシュマッサージ、指圧マッサージのトレーニングに入っていきました。

講師は全てのトレーニングで実演や個別指導を交え指導を行い、参加者も高い意欲と関心を持ち、日々のトレーニングに励んでいました。

トレーニング中、講師に質問をする参加者の姿も多く見られました。

トレーニング終盤では、リフレクソロジーやフィリピンの伝統的なマッサージであるヒロットに関する説明・実技練習も行われ、参加者はその歴史や種類、効果等の知識を学ぶと共に、バナナの葉やオイル、カップやキャンドルを使ったマッサージの実技練習にも取り組みました。

1ヶ月間、短期集中でトレーニングに励んだ11期生の参加者9名は4月29日午後に最終評価を受けました。

最終評価では、筆記試験と、お客様へのコンサルテーションインタビュー、ベッドのセッティングやドレーピング、そしてスウェディッシュマッサージの実技試験が行われ、9 名全員が最終評価に合格することが出来ました。

オロンガポ11期1 オロンガポ11期2 オロンガポ11期3 オロンガポ11期4

  • 2019 年 4 月までの卒業生、就職者の人数

【卒業生数】

マニラ(1 期~13 期,15 期):189 名(女 155:男 34)

オロンガポ(1 期~9 期):137 名(女 94:男 43)

【就職者数】(※2019 年 4 月末現在で把握できている人数)

マニラ(1 期~13 期,15 期):62 名(スパへの就職:15 名、フリーランス:47 名)

オロンガポ(1 期~9 期):58 名(スパへの就職:13 名、フリーランス:45 名)

以上、フィリピンからのご報告でした!

いつもご支援いただき有難うございます!

今後共咲くらプロジェクトの応援をよろしくお願い致します!!