日本から遠く離れた国。そこには学ぶ機会を得られず、
幼い時から毎日ゴミを拾って生活している子どもたちが大勢います。

日本人の私たちだからできること。それは、日本が誇る高い技術をサービスを学ぶ機会を提供すること。
学ぶ機会を得た子どもたちが、心豊かに、一定の生活水準のもと暮らせるように取り組みます。

咲くらプロジェクトでは、日本が途上国を支援して終わり
ではなく、相互が関わり合うことで、参加する全員が笑顔になり
結果、お互いに心の豊かさが生まれる。そんな世界観を目指しています。

このように、関わるすべての人たちが日本の美容・リラクゼーションの
技術・サービスによって幸せになれるようなプロジェクトを実現します。

2015年4月に始まったこの咲くらプロジェクトは、異なる文化や歴史的背景を持った国同士が関わりあうことで運営されています。(2015年8月現在)
今後は、世界中に関わる人を増やし、桜の花を咲かせられるよう、取り組んで参ります。